MENU
WAMOTO
2018年に長女、2020年に次女を出産した、都内在住の32歳です。現在はITベンチャー系企業の育休中です。
swell
旅行とホテルと美味しいご飯が大好きな、都内在住の未就学児姉妹ママの毎日の体験記

【子連れ宿泊レポ】憧れのアマン京都に3歳と2歳の子連れで宿泊してきた!レポ

その他子連れお出かけ情報はインスタでも更新しています!→ @wamoto_

子連れお出かけ情報発信中のぐりぐらママ @wamoto_ です。

先月、お誕生日を迎えたのですが、そのお祝いとして京都旅行でアマン京都に泊まってきました…❣️❣️

アマン系列のホテルはどこもハード面・ソフト面ともに最高級のおもてなしが受けられて
「非日常を感じられる記念日ホテル」としては国内だけなく世界でも最高レベルのラグジュアリーホテルです。

ぐりぐらパパ

誕生日、アマン京都泊まる?

最高のお誘いをいただき、子連れで泊まってきたので子連れ宿泊レポします❣️

ぐりぐらママ

念願のアマン京都! 最高のお誕生日になりました✨

 

その他、アマン関連の記事はこちら。

あわせて読みたい
【子連れ宿泊レポ】アマン東京のコーナースイートルームに宿泊してきました 娘が1歳8ヶ月のときに、アマン東京に家族3人で宿泊してきました。 その時ちょうど第二子を妊娠中で、家族3人での最後のホテルステイになりそうだから、ということで奮発...
あわせて読みたい
【子連れ宿泊記】念願のアマネムに宿泊!アマン初の温泉施設がある高級ホテルに子連れで宿泊してきたレポ ラグジュアリーホテルの一つにあげられるアマン。 現在、国内にはアマン系列は下記の5つがあります。 ①アマン東京(東京)②アマンレジデンス東京(東京) ※建設中③アマ...
あわせて読みたい
【子連れレポ】アマン東京のいちごアフタヌーンティーへママ友と1歳児と行ってきたレポ 【アマン東京のイチゴアフタヌーンティーとは?🍓】 アマン東京って? アマン東京のアフタヌーンティーは、アマン東京のラウンジにある「ザ・ラウンジ by アマン」にて食...
目次

アマン京都のホテル情報

アマン京都は、市の中心部の喧騒から離れ、静寂の森が別世界を創り出しています

林や谷間が続く中を緩やかに迂曲する苔生した石畳、その頭上に生茂る山紅葉の樹々のさざめき、山から湧き出る小川のせせらぎや地蔵が静かに佇む小径、そして突如現れる高台へ誘う石段など、

かつての所有者が織物美術館を創ることを夢見て、年月をかけて庭をはぐくんできた密やかな安息の場所です。

ホテル情報

■住所
〒603-8458 京都府京都市北区大北山鷲峯町1番

車で大阪国際(伊丹)空港から約1時間、関西国際空港からは約2時間、また京都駅からは車で約30分



■電話番号 075-496-1333
■チェックイン 15:00−29:00
■チェックアウト 12:00
■子供 可能
■その他 宿泊者一泊あたり駐車場 5,000円
画像引用:一休より
ぐりぐらママ

写真で見るだけで伝わるマイナスイオンと非日常感…! このホテルでは違う空気が流れているのがヒシヒシ伝わります✨

アマン京都に実際に泊まってみた

品川から新幹線で京都下車、京都駅から北大路駅まで行き、そこからタクシーでアマン京都まで。
新幹線の中でYouTubeやおやつを食べられるのでこういう移動が好きな娘たちは、
特に問題なくアマンまで着きました。
新幹線内で次女はお昼寝もしたので元気いっぱいです✨

エントランス・ラウンジ

アマン京都はROKU京都のすぐ近くにあるのですが、
この辺りは京都の洛北、鷹峯街道沿いにあり、緑豊かな場所にあります。
金閣寺や平野神社などの観光スポットもすぐ近くにあります。

あわせて読みたい
【子連れ宿泊記】ROKU KYOTO, LXR HOTELS & RESORTS〜アジア初進出のヒルトンラグジュアリーホテル... ホテル情報に詳しい夫が、 京都に、京都初進出のヒルトンホテルが出来るらしい! しかもアジア初進出でヒルトンのラグジュアリーブランド「LXR ホテルズ&リゾーツ」の...

すでにこの辺り一体が森林に囲まれて緑豊かな閑静なばしょになるのですが、
アマン京都の石門が見えるあたりから、さらにため息の出るような自然いっぱいの森の別世界に入って行きます🌿

まずはチェックインをするために入口すぐの場所にてウェルカムドリンクとスイーツをいただきます。

チェックインが終わったら、ホテル内を歩いてお部屋に向かいます。

アマン京都は5つのエレメント「石、水、光、森、苔」を掲げています。
私の写真だけで伝わるかは怪しいですが、本当にその5つが体現された場所でした。

砂利道をすぎてこの一面緑のトンネルに入ります・・・!
はっ・・・!となる、息を呑む空間が広がります。

アマン京都は新緑の季節と紅葉の季節が最も綺麗な場所、とスタッフの方が言っていましたが
その理由がよくわかりますね。。。
紅葉シーズンもとんでもないんだろうなあ。

なんだかどう言葉で表現して良いのかわからないほど素晴らしいロケーションです。
上から下の緑も、緑のグラデーションになるように考え抜かれているらしいです🌿
だんだん下の方が濃い緑になっていくのがわかります。

森林や石畳だけでなく苔も本当に美しい。。。👏

前オーナーは「最高級の織物“西陣織”を扱っていたかつての土地の所有者で、ここに織物美術館を創ることを夢見て、約40年もの間育んできた」

とのこと。

ちょっと歩くと苔むすの石階段がもっと綺麗に見える場所もありました。

巨岩が積まれた何かの遺跡のような場所までありました。

お部屋

お部屋はそれぞれ棟ごとに分かれています。
部屋の種類はこんなかんじ。

鷲ヶ峯パヴィリオンはとんでもないお部屋なので、見てみてください😂
朝食付き2名で1泊100万を超えてくるお部屋でございます😂

・鷲ヶ峯パヴィリオン
・鷹ヶ峯スイート
・蛍
・楓
・楢(←今回宿泊した部屋)
・芒

棟自体は真っ黒の作りで、この無駄なものを削ぎ落としたミニマルなデザインが「THE アマン!」という感じがします。 

2階造りになっていて、今回は1階の楢というお部屋に泊まりました。

お部屋はこんな感じ✨
全面窓で、先ほど見た緑の景色が部屋からも楽しめます🌿

下が畳なのもまた京都みがあって良い😭👏

お風呂は大きな檜風呂。
家族4人入ってもまだまだ入れる広さでした。

洗面台も横に広く2箇所。嬉しいです。

檜風呂の横にシャワールームがあります🚿
アマン東京やアマネムと同様、バスソルトやシャンプー・コンディショナーはヒノキの香りがして、これが本当に良い香り💓

ちなみに部屋から緑を思いっきり楽しめるので、逆に言えば外からも部屋がよく見えます。
室内の服装などは気をつけてください🚨

アマン京都の敷地は約2万4000㎡
森を含めた敷地総面積は約32万㎡という超〜〜
広い土地で、何がどこにあるかいまいち全体図が把握しきれないな、、、と思っていたら森の庭マップというものが置いてありました👏

食事

アマン京都にはレストランが2つあります。

ザ・リビング パビリオン by アマン(オールデイダイニング)
日本料理 鷹庵

子連れがOKなのが前者なので、夕朝食ともにザ・リビングパビリオンにていただきました🍴

夕食

ザ・リビングパビリオンのテラスには暖炉のスペースがあります。
座れる場所もたくさんあるのでここでカフェタイムを楽しんだり、ご飯前にゆっくりくつろいだりできます。

子連れなので夫婦やカップルで来ている皆さんの雰囲気を壊さぬよう、
早めに、17時半頃から食べ始めます(これはラグジュアリーホテル宿泊時はいつもそうです)

レストランの中はこんな雰囲気でした。

お部屋と同じような内装・雰囲気で統一されています。
壁や床などはシックな黒・テーブルやソファのインテリアはベージュ。
和の雰囲気もあるのにミニマルなモダンテイストです✨

先に子供用のご飯を頼みたく、お子様メニューありました💓
なんと離乳食セットなんていうものもありましたよ❣️

娘たちはそんなに食べるタイプでもないのできつねうどんを2つ頼んで、あとは取り分けにしました。

京うどんんのお出汁うどんがとても美味しかったようで、スープまでごくごく飲み干す2人🎶😆

大人はこちらのコースを頼みました。

京都の食材を使って丁寧に作られた美しいお料理たち🍴
京都のおばんざいから西洋風の創作料理まであるとのことです。

最後の方に出てきた「リゾピラフ」、こちらはここのシェフの逸品だそうです。
大きなホタテとアスパラガス、桜エビの春の味がふわ〜っと優しくて食べ応え抜群!
これめっちゃ美味しかったので是非食べてほしいです。

ここはディナーだけでなくランチやアフタヌーンティーの利用も可能です☕️💓
窓からはアマン京都の森林の様子が見れて、その景色を見ながらの食事は別格です✨

朝食

朝食も同じく、ザ・リビングパビリオンにて。

和と洋で選べましたが、木箱の朝食があるということで迷いなく和食!
こういう場所だと普段何気なく食べている和食の、かなりグレードアップしたものを頂けるので和食を選ぶことの方が多いです😁

木箱に入った朝食って、蓋を開ける瞬間本当にテンションあがりますよね。

美しい朝食をいただいて朝から大満足でした💓

この後に出てきた釜で炊いた白ごはんもツヤツヤですっごく美味しかったです。

お誕生日サービス

私が誕生日ということを、夫がホテル側に伝えていてくれたので3時頃にお部屋にホールケーキを持ってきてくれました🎂✨

子供たちも大好きな苺の生クリームケーキです🍓

ほぼ娘たちに食べられました😂

ケーキと一緒に抹茶の焼き菓子とカヌレも頂きました🍵
ちょっと大人なビターな味わいが、これまたケーキの優しい甘さと対照的でこちらもとっても美味しい🤗

もう十分お祝いいただいたのですが、夕食時のデザートタイムにもお誕生日お祝いのプレート付きで出してくれました。
これは夫は手配していないと言っていたのでホテル側のサービスです💓有難い💓

アマンスパ

ホテル敷地内の森林の中にひっそり佇むのがアマンスパ。

アマン京都の温泉は、露天風呂と内湯があり、疲労回復や筋肉痛の改善、また美肌効果もあると言われているアルカリ性単純泉です。 6世紀にまで遡る日本の風呂文化は、仏教の沐浴から広まりました。今日に至るまで、健康効果を求めて薬草風呂などが親しまれています。

トリートメントスパだけでなく、天然温泉もあるのでエステを受けなくても利用可能です。 (要予約)

子連れはNGだったので夫と交代で行きました。
私が行った時は他に利用者がいなかったようでずっと貸切で温泉に入っていました♨️ 贅沢すぎます😂💓

内湯だけで十分なのですが、横の扉を開けるととーーーっても広い露天風呂があります♨️
ここでぼーっと外の美しい緑の景色を眺めながら入る温泉タイムはひたすら至福でした。

子連れ対応

アマン京都の子連れ対応は下記でした。

・ベビーベッド
・おむつゴミ箱
・Mama&Kidsのお風呂用アメニティ
・子供用歯ブラシ
・子供用パジャマ
・子供向けアクティビティ

アマンは高級宿なので子連れだと敷居が高いかと思いきや、
他にも子連れで来ている人が何組もいるし、子連れアメニティ周りも充実しております✨

レストランは結構落ち着いた雰囲気なので騒がないように色々対策をしていましたが、
zそれでも子連れで来ているからといって大変だったことや困ったことは特にありませんでした💡

アメニティ

Mama&Kidsのお風呂用アメニティは、アマン系列のホテルに泊まるとついていてとーっても有難いです💓 あと塗り絵は、塗る絵が京都の観光名所やアマン京都のデザインになっていました🇯🇵(多分大人用😂)

アクティビティ

アマン京都には、ホテルアクティビティが色々と用意されていました。
(事前予約のものが結構多いので長期で滞在する方は注意)

写真右側の下2つ、「お友達をさがそう」「森のこの葉とこの実たち」は、 追加料金なしで主に子供向けのアクティビティだったので「お友達をさがそう」に参加することにしました🐸🌿

スタッフの方が紙を読んでくれて、それの通りにホテル内を散策し、 各スポットで隠された箱を探していく宝探しゲームのようなものです💎🎁

娘も楽しそうだったけど、とても広いホテル内をスタッフの方の話を聞きながら散策する時間は
大人もとても楽しめました✨夜ご飯までのいい時間潰しになりましたよ💓

ぐりぐらママ

ホテルのエントランスに入ってから、 別世界に来たみたいな不思議な感覚に陥る素晴らしいホテルでした…

チェックアウト時に、プレゼントで名前入りのバッグ用ネームタグもらいました

ぐりぐらママ

子連れ旅行でのいろんな対策

①子供用パソコン
静かにしていてほしい時はyoutubeやゲームアプリ様様です🙇。
こういうのがある時代に子育てをできていて本当に良かったと思うシーンがよくあります。

②ネットワーク利用せず使えるタブレット 飛行機など、ネットワーク利用するのが難しい&不安定の時用に電池を入れれば使えるタブレットもよく重宝しています。

③お菓子
泣く子も黙る、必殺・お菓子!😂いつも4連のものを旅行には持って行きます。
これを見せればとりあえず気持ちを切り替えてくれる。経験上、ポテコが量もたくさん入っていて食べるのに時間もかかるし手も汚れにくいし、重宝します。


④シールブック
なんだかんだ4歳近くなった今でもずーっと惹きが強いシールブック。
月齢に合わせて少しずつ難易度をあげていっています。知育要素の高いものを特に買っています。


アマン京都の世の中の声

アマン京都の予約方法

アマン京都の予約は下記から出来ます。

ぐりぐらママ

値段はお高いけど、記念日やお誕生日などのお祝いでステイするのに最高のホテル✨ 今までいろんなホテルに泊まってきたけど、 上位に入る素晴らしいホテルステイになりました💓!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから
目次
閉じる