MENU
WAMOTO
2018年に長女、2020年に次女を出産した、都内在住の32歳です。現在はITベンチャー系企業の育休中です。
swell
旅行とホテルと美味しいご飯が大好きな、都内在住の未就学児姉妹ママの毎日の体験記

【子連れ宿泊記】ひらまつ軽井沢 御代田(国内6件目、2021年3月開業)に子2人連れで宿泊してきたレポ

miyota

レストラン、カフェ、ウエディング、ホテル事業を手掛ける株式会社ひらまつですが、
2021年3月に、長野県北佐久郡の御代田、に6件目となる『THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田』がOPENしました。

レストランやホテルを度々利用してきたひらまつファンの我が家としては、

WAMOTO夫

これは予約するしかない!

ということで、OPENしてから約1ヶ月後の4月上旬に、

下の子が1歳のお誕生日を迎えるのでそのお祝いを兼ねて、子供二人連れで宿泊してきました。

 

▼他ひらまつホテル宿泊レポはこちら

目次

ホテル情報

「THE HIRAMATSU」は、2016年からひらまつが手がけるホテル事業のブランドです。

2020年に開業した都市型ラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 京都」に続く、6軒目の宿泊施設になります。

2021年4月下旬現在、国内のひらまつホテルは下記になります。

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 賢島(三重 伊勢志摩)
THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海(静岡 熱海)
THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原(神奈川 箱根)
THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座(沖縄 宜野座)
THE HIRAMATSU 京都(京都)
そして今回の
THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田(長野 御代田) NEW!

L’AUBERGE DE PLAISANCE 桜井(奈良) は、奈良県の指定管理者としてひらまつが運営を行っている

ひらまつ軽井沢 御代田のコンセプトは『森のグラン・オーベルジュ』

そのコンセプトのとおり、御代田という雄大にして豊かな自然のあふれる場所に、61066㎡という広大な敷地には、
全28室の本館と、9 棟の大型ヴィラが点在し、食と自然のマリアージュが生み出す新たな体験を提案します。

ホテル情報

■住所
〒389-0201 長野県 北佐久郡御代田町塩野375番地723

【車の場合】
 上信越自動車道「佐久 御代田IC」から、約20分
新幹線の場合】
 北陸新幹線「佐久平駅」下車、タクシーで約25分

■電話番号
0267-31-5680 

■チェックイン 15:00−24:00

■チェックアウト 11:00

■子供 可

■その他 ペット可のお部屋あり、駐車場無料

ラウンジ
ヴィラスイート:リビング
ヴィラスイート:寝室
お風呂
夕食
画像引用:すべて一休

まだ開業したばかりなのでネットにそこまで情報が出ているわけではありませんでした^^;

が、一休のフォトギャラリー見てるだけでもさすがひらまつブランド!素敵なのが伝わってきます。

WAMOTO

りんごのスイーツが長野県らしさ満点で可愛い〜!🍎💖

実際に泊まってみた

エントランス&ラウンジ

都内から車でだいたい2時間半〜3時間で到着しました。
まだ住所が新しいので車のナビでは正しく出ないことがあるようです。(我が家もそうでした)
なのでGoogleMapなどを見ながら行くほうが確実です。

少し迷いましたがようやく到着!
噂には聞いていましたが、ひらまつ軽井沢の敷地、めちゃくちゃ広いです。

THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田の特徴は、
浅間山の麓6万m
2 超という広大な敷地に本館28室、ヴィラ9棟のみという贅沢な宿泊空間。

miyota

この看板を見るだけでテンションが上がります✨

消毒と検温をしてラウンジへ。
焚き火や薪があります。

ウェルカムドリンクで私達はハーブティ、子どもたちにはぶどうジュースを頂きながらチェックインをします。

miyota

チェックインが終わったら、スタッフの方がカートを運転してくれてそれに乗ってお部屋に行きます。

miyota

部屋

今回はテラスヴィラィラスイートというお部屋に泊まりました。

室内のみだと122.87平米、テラスを含めると181.74平米ということでお部屋もテラスも激広です!!!

本当に広すぎる涙!こんなお部屋に住みたい!

miyota

miyota

miyota

窓を開ければ露天風呂になるお風呂(温泉)。こんな大自然の中で入るお風呂は最高ですね、、、

miyota

ヴィラタイプのお部屋にはミニキッチンと乾燥機付き洗濯機がついているので、文字通り本当に暮らすように泊まれます。

また、愛犬と泊まれるドッグラン付きヴィラスイート、というお部屋もあるそうです🐶

ちなみにひらまつホテルのアメニティは今まで泊まったところはブルガリでしたが、
ここはWaphytoという植物バイオメソドロジーのブランドでした。
大自然の中のオーベルジュのひらまつ軽井沢にぴったりのアメニティですね。

※私が泊まったときはボディクリームがありませんでした。乾燥が気になる方は持参することをおすすめします。

そして夜や朝の雰囲気も最高でした。
朝は、テラスの柵に鳥が停まっていたりしてなんだかものすごく非日常でした。

食事

夕食は1階のメインダイニング、朝食は5階のオールデイダイニングでいただきました。
夕食時は個室を使わせていただきました。(たしか個室料かかってないはず)

メインダイニング:画像引用は公式サイトより

オールデイダイニング:画像引用は公式サイトより

特に1階のメインダイニングはレストランの雰囲気もクラシカルで、夫婦やカップルで来ているお客さんもいて、他の方の雰囲気を壊したくないので、
フレンチで個室があるのは本当に助かります。

miyota

メニューはこちらでした。

miyota

地産地消で長野の美味しい食材を使ったお料理はさすがのひらまつです。
とても美味しく、個室なので他の方の目を気にせず、ゆっくりいただくことが出来ました。
長女はじゃこのパスタを頂きました。

また次女のお誕生日お祝いでとても可愛いケーキもだしてもらいました🎂

miyota

朝食は御代田の景色を一望できる最上階のオールデイダイニングでいただきました。
このときは子連れの家族が他にも1家族いました。


テラスから見える朝の眩しい景色を眺めながらいただきます。
朝食のメニューはこちらでした。長女は白ごはんとコーンスープを頂きました。

miyota

ひらまつの朝食の中でも、このパン盛り合わせが特に大好きです。
とっても美味しい!!
また、一緒についてくるはちみつ(写真右上)も新鮮でとっても美味しい。
パンにつけてもヨーグルトに入れても抜群に美味しいです。


また、今回は利用していませんが、自然の中で軽食などを楽しめる焚き火ラウンジ(夕方〜)もあります。
焚き火というのがまた自然の中で宿泊している感があってとても良いですね。

焚き火ラウンジ

子連れ対応

ひらまつは何度か子連れで泊まったことがありますが、どこも子連れに対してとてもウェルカムだし優しいです。
ここ、ひらまつ軽井沢も他ホテルと同じく、開業したてでも子連れ対応はとても丁寧で、特に不便に感じたことはありませんでした。

・ベビーベッド貸し出し&おむつゴミ箱
・レストラン個室利用
・子供用の食事を作ってくれる(有料)
・レストランはハイチェアやカトラリー貸し出し
・子供用パジャマ
・子供用の歯ブラシ、ボディスポンジ、お風呂用の鳥のおもちゃプレゼント
・Mama&Kidsのボディシャンプーなどのアメニティ一式プレゼント

アメニティ一式頂けるのはただでさえ子連れだと大荷物になるのでとても助かります。

世の中の声

予約方法

ひらまつ軽井沢御代田の予約は下記から出来ます。

 

まだ新しく情報も少ないですが、さすがのひらまつ。お食事もサービスもすべて素晴らしかったと思います。

WAMOTO

ひらまつの新たな美食オーベルジュ、最高でした!

 

miyota

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから
目次
閉じる