MENU
WAMOTO
2018年に長女、2020年に次女を出産した、都内在住の32歳です。現在はITベンチャー系企業の育休中です。
swell
旅行とホテルと美味しいご飯が大好きな、都内在住の未就学児姉妹ママの毎日の体験記

2019年5月新オープン!アソビル内の話題のスポット『Puchu!』に行ってきたレポ

puchu

横浜駅直通複合型エンターテインメントビル「アソビル」の4階に、

「知性」と「感性」を遊びながらに学べる”をコンセプトにした

キッズパーク「PuChu!(プチュウ)」が2019年5月頭にOPENしました。

PuChu!は、国内初・完全予約制のキッズパークになります。

他にも室内キッズパークはたくさんありますが、完全予約制のスタイルを取っているのは国内初とのこと!

PuChu!はテーマの異なる7つの星と4つのゾーンの計11個のプレイエリアで構成され、

子どもたちは宇宙を旅する冒険家となり、遊びの中で空間・遊び・アートに触れることができます。

ママ友の何人かもここに行っている写真をinstagramにアップしていて、ずっと気になっているスポットでした。

プチュウの名には、子どもたちひとりひとりの中に持つ小さな(プチ)宇宙(ウチュウ)に由来し、

「未来を創り、彩る、無限の可能性。

子どもたちが自分自身の可能性を信じ、自信と夢と希望に満ち溢れ、

もっと自由に、もっと多様に、ワクワクする未来を思い描き、輝く人になっていけるように。」という願いが込められているそうです。

また、このなんとも子供心をくすぐるとても素敵な空間は、

『ULTRA JAPAN』のクリエイティブ・ディレクターや『STAR ISLAND』の総合プロデューサーを務めた

俳優の小橋賢児さんがプロデュースしたとのことです。

めっちゃ楽しそう!
横浜駅直結ならアクセスも問題ないし、
娘も1歳になるから動きたくてたまらないお年頃なので
ぜひ行ってみたい!!

ということで、実際にじいじばあばと一緒に行ってきたのでレポしたいと思います⭐

目次

場所は??

神奈川県横浜市西区高島2丁目14-9 アソビル4階
JR横浜駅みなみ東口通路直通、横浜駅東口より徒歩2分

営業時間:10:00〜19:00

子連れの方はベビーカーで行く方も多いと思いますが、ベビーカーで行く場合は

STEP
JR横浜駅中央改札を出て東口を進む
STEP
Lushとルミネ横浜の間にあるエレベーターで地上に登る
STEP
横浜中央郵便局の横にある、横浜駅みなみ東口通路を直進したら到着

東口の地上行きのエレベーターの場所さえ分かれば、駅から本当にすぐ着きます。

詳しくはこちらに図解付きで説明されています。

アソビルまで着いたら、アソビル1階のチケットカウンター横にある『PuChu!専用エレベーター』で4階まで進めば、到着です。

1階の受付でオンラインチケットの確認がされます。

入場の仕方・料金システムは??

PuChu!」は、完全予約制のキッズテーマパークなので、

事前にインターネットで購入したオンラインチケットが必要です。

現地でのチケット購入は、空きがある場合のみ当日券の販売を行っています。

事前に買っておくのが絶対に安心だね🌟

チケット購入は公式サイトの『チケット購入』ボタンからできます。

チケット購入ボタンを押したら、次のページで参加人数とカレンダーから行きたい日にちをクリック!

私は日曜日に行ったのですが、前日の夜にサイトを見たら『空きあり』になっていて予約チケットが買える状態でした。

ゴールデンウィークやシルバーウィークじゃない限り、
もしかしたら意外と前日夜でもチケットは買えるかも?!

支払いはApplePayまたはクレジットカードで出来ます。

利用料金は平日と土日で異なります。

入場したあとは90分の時間制限、その後は滞在時間に応じて追加料金が発生します。

実際に中の様子は??

PuChu!は、子どもたちが自由に飛んだり跳ねたり走ったり、思いのままに遊べる12のエリアがあります。

  • DANCE STAR
  • LIFE STAR
  • HEART STAR
  • ART STAR
  • MUSIC STAR
  • VISION STAR
  • BOOK STAR
  • MAMA TERRACE(蓋付きの飲み物のみ、ここで飲めます)
  • WAPP ZONE
  • RAINBOW COSMOS ZONE
  • MAZE ZONE
  • BABY PARK

トランポリンが出来たり、すべり台があったり、迷路があったり、ボールプールがあったり、絵本を読めたりとそれぞれにテーマがあり、どのゾーンも全くとても面白くとても可愛いつくりになって、全く飽きませんでした。

娘は生後1歳になったばかりなので、まずは生後0〜18ヶ月専用ゾーンの『BABY PARK』へ。

ここは赤ちゃんゾーンなので、小さな子どもたちがハイハイやよちよち歩きなどで脱走しないようにちゃんとゾーンが区切られています。

赤ちゃん向けのカシャカシャなるおもちゃや、オーボール、手押し車、積み木などがたくさんありました♡

たくさん動きざかりの娘、他のところにも行きたそうなので他のゾーンへ!

BABY PARK以外は、対象年齢が2歳〜や3歳〜になっているお兄さんお姉さんたち向けのゾーンばかりですが、

親がちゃんと見ていて、怪我をしないように気をつけておけば他のゾーンでも遊ぶことも問題ありません。

他のゾーンも全部ハイハイでそのまま移動出来る、ひとつづきのつくりになっているので

娘もたくさんハイハイが出来て楽しそうでした!

ただ、体力が有り余っているお兄さんお姉さんたちがいるので、
必ず親の責任で我が子を見ていてくださいね。

↓HEART STARで遊ぶ娘。ここは、ハートばかりで超可愛くて、めちゃくちゃ写真映えします。

↓RAINBOW COSMOSのボールプールにも入ってみました。

ここが一番真ん中にある、メインのゾーンなのかな?

滑り台や階段やトランポリンなど思いっきり体を動かして遊べるゾーンだったので、お兄さんお姉さんもたくさんいました。

娘は端っこで銀河系デザインのボールで遊びました。

↓短めのトンネルもありました。ハイハイで向こうでまっているじいじばあばのもとに向かう娘。すごく楽しそう!笑

↓プリクラ風なものもありました。

外にあるオレンジのボタンを押すとタイマーが起動します。

ちなみに、モニターの右にあるものがカメラなので気をつけて!笑

目の前のモニターを見ていると目線を失敗します。カメラ目線にしたい場合は右にある📷を見てくださいね!

いや〜大人も一緒にたくさん楽しめました!

広いベビーカー置き場や、オムツ替え&調乳ゾーン、ロッカーも入り口にあるので小さな子連れの方も安心です。

こんなゾーンが出来たとは。。。

都内にも出来てほしい!

また、何より良いと思ったのがそんなに混んでいないこと!

入場時間に規制があるので、

都内にある有名な室内キッズパークのごちゃごちゃの混雑っぷりとは全然違って、

生後1歳という小さな子連れでもまったりゆっくり安心して楽しめることが出来ました。

最後に

新しく出来た、横浜駅というアクセスのいい場所に直結している、とってもオススメの室内キッズパーク。

真夏で外で遊ぶのはしんどすぎる、でも夏休みだしどこかに連れて行ってあげたい、、、

なんて方にはこの新しく出来た室内キッズパーク『PuChu!』がおすすめです。

小さいお子さんから大きなお兄さんお姉さんまで、いろんな年代の子連れに配慮したとっても素敵で楽しい空間でした。

大人も一緒に楽しめること間違いなしです。

puchu

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから
目次
閉じる