MENU
WAMOTO
2018年に長女、2020年に次女を出産した、都内在住の32歳です。現在はITベンチャー系企業の育休中です。
swell
旅行とホテルと美味しいご飯が大好きな、都内在住の未就学児姉妹ママの毎日の体験記

【山王病院 出産レポ②】出産当日:帝王切開にていざ出産!

report_baby2

はじめての育児にバタバタして、更新が空いてしまいました😣💦

前回、出産レポとして、出産前夜について書かせていただきましたが、今回はいよいよ出産当日について書きます。

いよいよ、ずっと待ってた我が子が誕生のとき!

 

▼【最新情報】2人目出産の山王病院での出産レポについてはこちら

あわせて読みたい
【山王病院 出産レポ】料金・部屋・食事全公開。1人目の出産が素晴らしくて2人目も山王病院で出産しまし... 【1人目の出産について】 長女を出産したときのブログはこちらにまとめています。 初めての出産・初めての手術(帝王切開)にかなりビビっていましたが、 病院のホスピ...
目次

出産まであと少し…

6時に起床し、最後のシャワーを浴びます。

12時半頃の帝王切開手術開始予定で、朝7時以降は飲水もだめになるため、ギリギリまでお茶を飲みました。

その後、病院指定の手術着に着替え、着圧ソックスを履きます。

こんな感じになりました。

着圧ソックスは妊娠してからむくみ防止としてよく履いてたけど、これは指先まで隠れるタイプ!

かつ、めくれば足の指先を出せるようなデザインになっているので足の爪で血圧や健康状態をチェックできるようになっています。

今から手術するんだから
足の爪が見れるようになってるのは大事だよね!

地元から親も到着し、あとは看護師さんが迎えに来るのを待ちます。

産前最後の写真がこちら。

今見直しても、本当にスイカが丸々1つはいっているみたい笑。

 

いよいよ、オペ室へ

12時半。看護師さんがストレッチャーとともに迎えに来て、いざオペ室へ移動開始!

手術着の下は、下着も脱いだ状態でストレッチャーに乗ります。

メガネも外して、どすっぴんです。

ストレッチャーに乗せられてオペ室に行く中で、緊張、不安、喜び、感動など色んな感情が一気に押し寄せてきて、私の中の全感情が大爆発し、嗚咽レベルで大号泣してしまいました😭

今までいろいろ我慢してきた10ヶ月間、そしてこれからやっと天使に会えるというドキドキ、帝王切開手術に対する恐れ、、、

涙が全く止まらなくて顔を覆いながらオペ室前まで運ばれます。

親とはここで術後までお別れです。

そのあと、人生で初めてオペ室に入りました。

手術台と、上にライトがあって、ドラマで見るような所でした。

ストレッチャーから手術台に移動し(全部やってくれます)、手術着を脱がされ、全裸の状態にタオルがかかりました。

麻酔の注射のために、横向きの体制でお腹を覗く形でぐっと縮こまる体制を取ります。

私は嗚咽は落ち着いたものの、やっぱりすごく緊張していたので、その間も看護師さんたちは優しい言葉をかけてくれて手を握ってくれました( ;∀;)


局所麻酔注射にビビってましたが、チクッとするだけで全然大丈夫でした。

ジワーっと温かい感覚になり、力が全く入らなくなりました。

アイスノンで各所に触れて、麻酔の効きを何度も確認されます。

その後、担当執刀医の先生も来て、酸素マスクが付き、手首が軽く拘束され、尿道カテーテルが入った(らしい)。


目の前に仕切りが出来て手術の準備万端状態になったところで、夫が手術着を着て中へ。

なんかもう目が潤んでる?

緊張してるのがわかります。力強く手を握ってくれました。

山王病院は帝王切開手術でも立ち会い出産が可能です。
ただ追加料金で2万円がかかります。(通常の経膣分娩であれば立ち会い出産費用はかかりません

手術開始!感動のご対面

13時、執刀医の挨拶の声と共に手術が始まりました。

その後すぐ、看護師さんに「もう切ってますよ」って言われて、目をつぶって心を落ち着かせる。。。。

ちょっと体を揺すられてる感じがしました。


13:05「もうすぐですよ〜」「もう頭見えてますよ〜」「出ますよ〜」って聞こえてきました。

そして先に赤ちゃんが見えた夫から、泣き声が聞こえました。

「生まれましたよ〜!!」って声と同時タイミングで、元気のいい産声が聞こえてきました

もう涙が止まりませんでした。

ずっと緊張で張り詰めてた中で、かわいい産声が響いた瞬間の気持ちは、どんな言葉でも言い表せないです😭


そして、赤ちゃんを仕切りの上から見せてくれました。

元気な赤ちゃんだ…!ホッとしたのと、やっと会えたので涙ボロボロ。

夫もめっちゃ泣いていました。

この時の気持ちは、本当に一生忘れないと思います。

出産直後

生まれた赤ちゃんを見届けたあとは、帝王切開手術の後処理が始まりました。

ここからが長くて自分との戦い

胎盤娩出、子宮の縫い合わせ、お腹の傷の縫い合わせ等…麻酔がきいてるのでとにかく眠く、起きてる力が全く残ってなかったのでそのまま寝ました。

約1時間かかって終わったと思います

部屋に戻り、色々と検査されて、血栓予防の足用のマッサージ機がつけられました。

これ、、、結構辛かったです、、、

麻酔で足動かせられないし、足立てたり位置動かすこともできないからとにかく我慢して寝ました。

他にも各所にいろんな機材とりつけられたりしたけど眠すぎて、何されてるか全然覚えてないです。笑 

そして喉乾いてるのに飲水はだめで、水でうがいして、氷もらってガリガリ無心で食べました。

あんなに氷を美味しいと思ったことないです!( ;∀;)涙

数時間眠らせてもらったあと、きれいにしてもらった娘登場!

まだ浮腫んでるし顔も赤いけど、頑張って全身で呼吸してて、本当に尊い存在です。

でももう麻酔によって眠すぎて眠すぎて、そのまま赤ちゃんと一緒に眠らせてもらいました。

部屋で産後直後の娘と対面💓

帝王切開手術は、麻酔が効くので術中は痛みを感じることはほとんどなかったのですが、

産後に後陣痛だけじゃなく麻酔が切れて痛すぎる!みたいな出産レポを妊娠中によく読んで超ビビっていました( ;∀;)

でも病院側から、もらえるだけのありったけの痛み止めや座薬などをもらって、いったん自分が回復するまでは母子別室にして預かってもらい、母体の回復に努めることができたので、翌日にはかなり術後の痛みは回復していました。

なので、私みたいに帝王切開手術にて出産予定の方も、
無駄に事前にビビらなくても大丈夫だと思いました!

 

 

\instagramはじめました/

都内の子連れで行けるレストラン・ホテルステイ情報やキッズスペース情報、
実際に使ってみた育児グッズレポなど
子供との時間がさらに充実する情報を発信しています。

report_baby2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから
目次
閉じる