MENU
WAMOTO
2018年に長女、2020年に次女を出産した、都内在住の32歳です。現在はITベンチャー系企業の育休中です。
swell
旅行とホテルと美味しいご飯が大好きな、都内在住の未就学児姉妹ママの毎日の体験記

【宿泊レポ】:「世界一の朝食」で有名な『神戸 北野ホテル』に宿泊してきましたレポ

kitano

まだ感染症を気にせず、旅行に気兼ねなく行けたときの宿泊レポになります。

長女を妊娠中に、友達の結婚式参列を兼ねて、神戸にある『北野ホテル』に宿泊してきました。

北野ホテルは、異国情緒あふれる神戸 北野町西端のトアロードに隣接するオーベルジュホテルです。

オーベルジュホテルとは?

オーベルジュとは、フランスの田舎に多い、料理が自慢のホテル、あるいは宿泊施設のついたレストランのこと。小規模のホテルが多く、料理だけでなく家庭的なサービスも魅力のひとつです。
こういったホテルでは、ぜひとも自慢の料理を味わってみてください。
日本でも、レストランが自慢のペンションなどにこの名称を使うところが多いようです。

引用元:ホテリスタ

今回は北野ホテルについて宿泊レポします。

北野異人館街らしく、アンティーク感もあり
重厚感、高級感が揃った、とても素敵なホテルでした!

目次

北野ホテルのホテル情報

■住所
〒650-0003 兵庫県 神戸市中央区山本通3-3-20

三ノ宮駅からお車で5分または徒歩15分
三ノ宮駅より市バス7番系統にて山本通3丁目下車 徒歩1分
山陽新幹線新神戸駅からお車で5分
大阪国際空港から空港バスで約40分・関西国際空港から約65分

■電話番号
078-271-3711

■チェックイン
15:00−24:00
■チェックアウト
11:00

■子供
宿泊可

■その他
ご夕食をご希望のお客様は、事前にご予約を頂きますようお願い致します。
当館メインダイニングのレストランアッシュは、ドレスコードを設けております。
男性はジャケットのご着用を、女性はジーンズやスニーカー等のカジュアルな服装以外でのご来店をお願いしております。

当レストランは10歳から利用可

子供は宿泊可能だけどレストランは10歳以上なんですね!

人と人との出会いから始まるホスピタリティ。真心のこもったおもてなしと美しい食事でお出迎えができればと「オーベルジュ」スタイルのホテルをご用意いたしました。「また訪れてみたい」と思っていただけるようにとスタッフ一同心がけてまいります。どうぞこの神戸の地のもう一つの我が家にお越しください。

総支配人・総料理長 山口 浩

一休より
画像引用:一休より

客室は、英国での別誂え家具を基調としたタイプの異なる30室です。

とても重厚感のある、ヨーロピアンな内装でおしゃれ〜!

世界一の朝食について

ここで食べられる世界一の朝食とは?

画像引用:公式サイト

神戸北野ホテルは、『世界一の朝食』を食べられることでも有名です。

この写真のような品数もボリュームもすごい!豪華セットを朝からいただけます。

美しすぎますね。。。!

神戸北野ホテル『イグレック』でお楽しみいただける朝食は、総支配人・総料理長 山口浩が、その師 ベルナール・ロワゾー氏から公式に贈られたヨーロピアンスタイルです。

この朝食が、『世界一』と呼ばれる理由のひとつが、オーベルジュならではの時間の過ごし方です。

ディナーの余韻に浸り、ゆったりとくつろいだ時間の中で眠りにつき、豊かな時間に包まれて迎える朝に待つ食事。

これら一つひとつの歓びを重ねる一連の流れが、かつて味わったことのない食べる感動を生み出すのです。

ロワゾー氏は、山口浩が神戸北野ホテルをオープンするにあたり、この世界一の朝食を公式に贈ってくれました。そこから、ここ神戸で独自の進化を遂げ、ここでしか味わえない唯一無二の朝食になったのです。

神戸北野ホテルはベルナール・ロワゾー氏の「世界一の朝食」の提供を公式に許された唯一のホテルです。

https://www.kobe-kitanohotel.co.jp/restaurants/dining-breakfast

世界一の朝食のメニュー詳細

ボリュームたっぷりの朝食コースの詳細なメニューはこちらです。

  • パンとフィナンシェ
    天然酵母のクロワッサンやシンプルなハード系、ほんのり甘いフィナンシェなどパン好きにはたまらないラインアップ。バターやハムをのせてバリエーション豊かに楽しめます。
  • コンフィチュール(ジャム)
    果物以上にフルーティー!ピュアな栗の花の蜂蜜、香ばしいアーモンドペーストもパンの味わいを一層引き立てる主役級の存在。グラノーラと一緒にヨーグルトに入れても美味。
  • カフェ・オ・レ
    丹波・但馬(たじま)の乳牛の低温殺菌牛乳と濃いめのコーヒーを好みの割合でいただくヨーロピアンスタイル。コーヒーやミルクが苦手な場合は紅茶に変更することも可能です。
  • 飲むサラダ
    トマトやキウイ、オレンジなど季節の野菜や果物を数種類ずつ低速ミキサーで絞った、酵素たっぷり、サラダ代わりのフレッシュジュース。デトックスウォーターを含む5種類がズラリ。
  • 半熟卵
    エッグカッターを卵にかぶせ、上からボールを2回ほど落とすことで見事に切り込みが入る様は、まさにエンターテインメント!濃厚な丹波地鶏の黄身がトロリと喉を通る瞬間は至福!
  • ポトフ
    鶏のコンソメをベースに野菜の旨みをギュッと詰め込んだ滋味深いスープ。食事の合間に味わって、小休止するのにぴったり。不思議と食欲がムクムク湧いてくるから不思議です。
  • 3種のバター、プルーン、ヨーグルト
    プレーンのほかトマトやパセリを練りこんだバターに、ふっくら紅茶風味に仕上げたプルーン、蜂蜜やコンフィチュールと好バランスのヨーグルトもすべて、こだわりを感じる品々。
  • タピオカ・オ・レ
    タピオカやナッツ、ドライフルーツの異なる食感が楽しい、やさしい甘さのスイーツ。日替わりでタピオカ・ココナッツ、タピオカ・ショコラ、クスクス・レザンも。
  • 季節のフルーツ
    旬の果物をジュレで爽やかに。コンフィチュールとは異なるフルーツの新たな魅力を感じる一品。日によってはコンポートで出る場合もあるそうです。
  • ジャンボンブランと生ハム
    フランス語で“ハム”を意味するジャンボン(=豚のモモ肉)ブラン(=白い)。生ハムはジャンボンクリュ(=生)と言うそう。バターを塗ったパンの上にのせて食べるのがおすすめ。

実際に泊まってみた

ホテルに到着しました。外観からすでにオシャレです。

kitano

早速中に入ってチェックインです。

建物の中も全てクラシカルで英国調。外国の洋館に来たみたいです。

インテリアもスタッフもすべて上品。
素敵な空間です…

お部屋も、フロントや廊下と同じく、時間がゆったりと流れる英国情緒に満ちた上質空間。。

調度品も気品がありました。

kitano

素敵なお部屋でゆっくり就寝し、いよいよ楽しみにしていた世界一の朝食!

すごい、写真で見たまま、めちゃくちゃ豪華!

kitano

↓メニューもかわいいイラストで彩られていて、テンションがあがります
kitano
kitano
世界一と言われるだけあって、見た目も味も、噂通りすばらしかったです。大満足でした。

特に『飲むサラダ』がすごく美味しかった!毎日でも飲みたい…
引用:じゃらん

レストランが吹き抜けなので、開放感ある中で食べるその空間も最高でした。

世の中の声

予約方法

神戸北野ホテルの予約は下記から出来ます。

世界一の朝食、一度ぜひ経験してほしいです!

kitano

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから
目次
閉じる